プレミアリーグ観戦・チケット入手ガイド

プレミアリーグ観戦のための各クラブのチケット販売・ファンクラブの傾向と対策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィガン-JJBスタジアム チケット

ウィガン  Wigan

ホームスタジアムJJBスタジアム(Vicarage Road Stadium)
住所Robin Park Complex
Newtown
Wigan
WN5 0UZ
地図
収容人員25,023

<アクセス>

鉄道:London Euston駅からWigan駅まで2時間15分~3時間
National Railの時刻表検索

National RailのWigan駅から徒歩20分。

<チケット>
価格: £15(対戦カードにより増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ

試合日の約1ヶ月に販売開始。発売日は試合によって前後するので公式サイトをこまめにチェックのこと。

<メンバーシップ>
現在、ウィガンにメンバーシッププログラムはない。人気クラブとの対戦では早く完売してしまうので、発売日に購入することが要。

アウェイゲームも一般販売が設定されているが、マンU、リバプールなど近隣の人気クラブとの対戦は入手が難しい。


ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から


スポンサーサイト

レディング-マジェスキスタジアム チケット

レディング  Reading

ホームスタジアムマジェスキスタジアム(Madejski Stadium)
住所Junction 11, M4
Reading
RG2 0FL
地図
収容人員24,200

ロンドンのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>

鉄道:London Paddington駅からReading駅まで30分~1時間
National Railの時刻表検索

National RailのReading駅からFasttrack Park&Rideの緑のバスに乗り10分。

<チケット>
価格: £28~32(対戦カードによって増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ



月ごとにまとめて前月1日に販売開始。対象は『Member Card』というIC付き会員証の所有者のみで一般販売はない。また、Member Cardに貯まっているロイヤリティ・ポイントによってチケットの優先購入順位が決まるシステムになっており、発売開始の4日後にポイントの条件が外れるようになっている。

<メンバーシップ>
レディングのメンバーシッププログラムは『Member Card』と呼ばれ、会費£2。このプログラムは、試合を観戦するごとに付くロイヤリティ・ポイントを記録するのが目的で、貯まっているポイント数によってチケット購入の優先順位が決まる。ポイントが貯められない旅行者は、人気クラブとの対戦カードではかなり不利になる。

アウェイゲームについても同様に貯まっているポイントによって購入の優先順位が決まる。


ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から

海外ホテルならJTB ロンドンのホテルはこちら→


ポーツマス-フラットンパーク チケット

ポーツマス  Portsmouth

ホームスタジアムフラットンパークスタジアム(Fratton Park Stadium)
住所Frogmore Road
Portsmouth
PO4 8RA
地図
収容人員20,288

ポーツマスのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>
鉄道:London Waterloo駅からFratton駅まで1時間30分~2時間
National Railの時刻表検索

National RailのFratton駅から徒歩10分。

<チケット>
価格: £32~41

公式サイトのチケット情報ページ

リーグ戦は月ごとに2~3試合がまとめられて販売される。会員向けの販売開始は大体その月にある最初のホームゲームの5週間前となっている。会員向けが月曜日で、同じ週の木曜日に一般販売が始まるのが通例。一般販売は、Ticketmasterでの購入となる。

ポーツマスもviagogoのシステムを使った『Ticket Exchage』プログラムを導入。シーズンチケットフォルダーが観戦しない試合のチケットを代わりに購入することができるようになった。

<メンバーシップ>
ポーツマスのメンバーシッププログラムはBlue Armyと呼ばれ、会費£45。(申込書はこちらからダウンロード) フラットンパークはキャパシティが20,200人と小さく、毎試合満員に近いところまでいくので、会員になった方が無難。

アウェイゲームについては毎試合一般販売が設定されているが、人気チームとの対戦では入手が難しい。


ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から


ニューカッスル-セントジェームスパーク チケット

ニューカッスル  Newcastle

ホームスタジアムセント・ジェームスパークスタジアム(St James' Park Stadium)
住所St James' Park
Newcastle upon Tyne
NE1 4ST
地図
収容人員52,327

ニューカッスルのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>
鉄道:London Kings Cross駅からNewcastle駅まで3時間~3時間30分
National Railの時刻表検索

National RailのNewcastle駅から徒歩15分。近郊鉄道MetroのSt James' Park駅から徒歩5分。

<チケット>
価格: £21~50(対戦カードによって増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ



試合日の前々週の月曜日に一般販売開始(祝日の場合は火曜)。

<メンバーシップ>
ニューカッスルは、チケット販売に関わるメンバーシッププログラムは現在のところ持っていない。セント・ジェームス・パークの客席の殆どがシーズンチケットで占められており、一般販売に出される2,500席前後と言われている。よって、一般販売の発売日時を公式サイトでチェックして、その時間に確実に販売ページへアクセスすることが必要。

アウェイゲームは、時折チケットが一般販売にまわってくることがある。


ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から


ミドルスブラ-リバーサイドスタジアム チケット

ミドルスブラ  Middlesbrough

ホームスタジアムリバーサイドスタジアム(Riverside Stadium)
住所Riverside Stadium
Middlesbrough
TS3 6RS
地図
収容人員35,100

<アクセス>
鉄道:London Kings Cross駅からMiddlesbrough駅まで3時間~3時間45分
National Railの時刻表検索

National RailのMiddlesbrough駅から徒歩15分。

<チケット>
価格: £24~32(対戦カードにより増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ



大体、試合日の4週前に一般販売開始。詳しい販売日程は、公式サイト参照。

<メンバーシップ>
ミドルスブラはメンバーシップスキームを持っていない。毎試合、観客数はスタジアムのキャパシティを大きく下回っており、ノースイーストダービーの他、人気チームとの対戦でも完売することはない。

アウェイゲームは多くが一般販売までいく。


ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から


マンチェスター・シティ-シティ・オブ・マンチェスター チケット

マンチェスター・シティ  Manchester City

ホームスタジアムシティ・オブ・マンチェスタースタジアム
(City of Manchester Stadium)
住所SportCity
Manchester
M11 3FF
地図
収容人員48,500

マンチェスターのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>
鉄道:London Euston駅からManchester Piccadilly駅まで2時間15分~3時間30分
National Railの時刻表検索

National RailのManchester Piccadilly駅から徒歩20分。

<チケット>
価格: £23~30(対戦カードにより増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ



試合日の6週前の月曜日に会員向け開始。試合日の4週間前に一般販売が始まる。

<メンバーシップ>
マンチェスター・シティのクラブ・メンバーシップ・プログラムはcitycardと呼ばれ、会費はイギリス国内在住者£20、EU圏内£25、その他海外£30。マンチェスター・ユナイテッドとのダービー、リバプール、チェルシーとの対戦では会員になっておいた方が良い。その他の試合は完売にならないので一般販売・当日でも十分だが、シティ・オブ・マンチェスター・スタジアムではチケットが電子化されているので、一般販売でも事前にインターネットで予約する場合はAccess CardというICチップ入りのカードを事前に入手しておかなければならない。(公式サイトでオーダーでき、費用£2)

アウェイゲームは多くが一般販売までいくが、リバプール、マンUという近隣の人気クラブ相手の時は購入が難しい。


海外ホテルならJTB マンチェスターのホテルはこちら→

ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から


アストンビラ-ビラパーク チケット

アストンビラ  Aston Villa

ホームスタジアムビラパークスタジアム(Villa Park Stadium)
住所Villa Park
Birmingham
B6 6HE
地図
収容人員42,573

バーミンガムのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>
鉄道:London Euston駅からBirmingham New Street駅まで1時間30分~2時間30分
National Railの時刻表検索

Birmingham New Street駅からNational Railに乗り、Aston駅もしくはWitton駅まで5~10分。両駅から徒歩10分。

<チケット>
価格: £10~31(対戦カードにより増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ



ひと月ごとにまとめられて、試合日の4~6週間前に一般販売開始。曜日は不定なので公式サイトをこまめにチェックのこと。

<メンバーシップ>
アストンビラは、チケット販売に関わるメンバーシッププログラムは現在のところ持っていない。しかし、人気クラブとの対戦では、以前に他の試合を観戦した履歴が購入条件になる場合がある。

アストンビラは、今シーズンから『Seat Exchage』プログラムを導入。シーズンチケットフォルダーが観戦しないチケットを購入できるようになった。

アウェイゲームも全ての試合で一般販売が設定されており、人気クラブとの対戦でなければ比較的入手が容易。


ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から


エバートン-グッディソンパーク チケット

エヴァートン  Everton

ホームスタジアムグッディソンパーク・スタジアム(Goodison Park Stadium)
住所Goodison Park
Liverpool
L4 4EL
地図
収容人員40,200

リバプールのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>
鉄道:London Euston駅からLiverpool Lime Street駅まで2時間30分~3時間30分
National Railの時刻表検索

Mersyrail Liverpool Lime Street駅からWirral線に乗り、Liverpool Central駅でNorthern線・Ormskirk/kirkby行きに乗り換え。Kirkdale駅から徒歩20分。

<チケット>
価格: £28~34(対戦カードにより増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ



試合日の4週前の月曜日に会員向け開始。その1週間後(試合日の3週間前)に一般販売が始まる。

完売した試合でも、シーズンチケットフォルダーが観戦しないチケットをTicket Exchangeで購入することができる。このTicket Exchangeは、メンバーシッププログラム『Evertonia』の会員でなくても、チケットの購入が可能。

<メンバーシップ>
エバートンのメンバーシッププログラムは『Evertonia』と呼ばれ、会費は£19.99。会員は一般より1週間早くチケットを購入できるが、グッディソン・パークが満員になる試合は少ないので、「比較的良い席が選べる」程度のメリットしかないと考えてもよいだろう。リバプールとのマジーサイド・ダービーやシーズン・ホーム最終戦は例年完売するので、会員になっておいた方が無難。

アウェイゲームは多くが一般販売までいくが、購入方法はスタジアムのチケットオフィスでのみとなる。


JTBなら空室検索・予約が24時間オンライン! リバプールのホテルはこちら→

ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から


ボルトン-リーボックスタジアム チケット

ボルトン  Bolton

ホームスタジアムリーボックスタジアム(Reebok Stadium)
住所Burnden Way
Bolton
BL6 6JW
地図
収容人員28,000

ボルトンのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>
鉄道:London Euston駅からManchester Piccadilly駅まで2時間15分~3時間30分
National Railの時刻表検索

National RailのManchester Piccadilly駅からHorwich Parkway駅まで30分。Horwich Parkway駅から徒歩5分。

<チケット>
価格: £21~29(対戦カードにより増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ

試合日の1ヶ月~3週間前にメンバーシップとLife Line(クラブの宝くじ)の両方の会員になっている人を対象に販売を開始。翌日にメンバーシップ、Life Lineいずれかの会員の人に対象が拡大される。さらに2日後に一般販売が始まる。このルールは試合によって若干変更するので、公式サイトのこまめなチェックが必要。

<メンバーシップ>
ボルトンのメンバーシップは会員の種別がなく、会費£20。大体の試合で一般販売があるが、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、その他近隣のクラブとの対戦では満員に近いところまでいくことが多いので、良い席が取りたければ会員になった方が無難。Life Lineの会員にも優先購入権があり、こちらの会費は£8.66/月、週払い£2.00/週。しかし、会費の支払いが銀行引き落とし、または小切手でしかできないので、海外からの申し込みは困難。

アウェイゲームは、リバプール、マンUという近隣の人気クラブ相手の時は厳しいが、南部の方まで遠征するサポーターは少ないので、アーセナル、チェルシーとの試合であっても一般販売が行われる。


海外ホテルならJTB マンチェスターのホテルはこちら→

ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から


ブラックバーン-イーウッドパーク チケット

ブラックバーン  Blackburn

ホームスタジアムイーウッドパークスタジアム(Ewood Park Stadium)
住所Ewoodpark
Blackburn
Lancashire
BB2 4JF
地図
収容人員31,300

<アクセス>
鉄道:London Euston駅からBlackburn駅まで3時間15分~4時間15分
National Railの時刻表検索

National Rail・Blackburn駅から3、3A,、3B、46、346番のDarwen行きバスに乗って10分。National Rail・Mill Hill駅から徒歩15分。

<チケット>
価格: £15~25(対戦カードにより増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ



試合日の3週間前に一般販売開始。(土日祝に当たる場合は、直後の平日にずれる)

<メンバーシップ>
昨シーズン導入されたクラブ・メンバーシップ・プログラムは廃止。現在、割引特典がある子供向けの会員プログラムのみが残っている。

アウェイゲームは多くが一般販売までいくが、リバプール、マンUという近隣の人気クラブ相手の時は競争率が高い。


ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から


リバプール-アンフィールド チケット

リバプール  Liverpool

ホームスタジアムアンフィールドスタジアム(Anfield Stadium)
住所Anfield Road
Liverpool
L4 0TH
地図
収容人員45,400

リバプールのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>
鉄道:London Euston駅からLiverpool Lime Street駅まで2時間30分~3時間30分
National Railの時刻表検索

Mersyrail Liverpool Lime Street駅からWirral線に乗り、Liverpool Central駅でNorthern線・Southport/Ormskirk/kirkby行きに乗り換え。Sandhills駅からシャトルバス(Soccer Bus)10~20分

<チケット>
価格: £32~34(対戦カードにより増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ



試合日の25日前の火曜日にPriority Ticket Scheme会員向け販売、24日前の水曜にE-Season Ticket会員向け抽選販売の申し込み受付が始まる。残席がある場合は、試合日の18日前に一般販売が行われる。(試合日が平日の場合は変則になるので注意)

<メンバーシップ>
リバプールのクラブ・メンバーシップ・プログラムはPriority Ticket SchemeとE-Season Ticketの2種類がある。Priority Ticket Schemeは5000人の定員があり、欠員が出ない限り新規会員の募集はされない。E-Season Ticketは公式サイト内の映像コンテンツの利用と共に、各試合500席の抽選販売に参加できる(エバ-トン、マンUについては過去のチケット購入履歴が要) 会費は£44.99と高めなので、チケット購入目当てでの入会はお勧めできない。

一般販売は各試合小数ながら出る。電話、郵送(申込書はチケット情報のページにてPDFファイルにてダウンロード)、オンラインで申し込み。マジーサイドダービー、マンU戦、チャンピオンズリーグの試合では、チケット購入の際にFan CardというICカードが必要。さらに過去の特定試合のチケット購入履歴が条件として付けられるので、旅行者が一般販売で入手することは極めて難しい。

アウェイゲームはシーズンチケットホルダー向け販売で売り切れるので、会員・一般が購入することはほぼ不可能である。


海外ホテルならJTB リバプールのホテルはこちら→

ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から


マンチェスター・ユナイテッド-オールドトラフォード チケット

マンチェスター・ユナイテッド  Manchester United

ホームスタジアムオールドトラフォードスタジアム(Old Trafford Stadium)
住所Sir Matt Busby Way
Old Trafford
Manchester
M16 0RA
地図
収容人員76,000

マンチェスターのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>
鉄道:London Euston駅からManchester Piccadilly駅まで2時間15分~3時間30分
National Railの時刻表検索

National RailのManchester Piccadilly駅からトラム(Metro)のAltrincham行きに乗り、Old Trafford駅下車、もしくはEccles行きに乗り、Exchange Quay駅下車、徒歩15分

<チケット>
価格: £25~44(対戦カードにより増額・減額あり)

公式サイトのチケット情報ページ

20060810001240.jpg

ファンクラブ会員向け抽選販売の申し込み受付が試合日の6週間前の金曜日から始まる。(他の試合との兼ね合いで遅れることあり)残席がある場合は一般販売が行われるが、発売日は不定期。

<メンバーシップ>
マンチェスターUのクラブ・メンバーシップ・プログラムはOne Unitedと呼ばれる。会費は大人の場合、英国内在住者£28、EU圏内£30、その他海外£32。チケット販売は会員向けであっても抽選により購入の可否が決まるので、入会したからといって確実にチケットが取れる訳ではなく、1試合の観戦のために入会するのはかなりのギャンブルである。

平日開催のリーグ戦やチャンピオンズリーグのグループステージ、カーリングカップ、FAカップの始めの方の試合は、一般販売まで回ってくることがある。

アウェイゲームはシーズンチケットホルダー向け販売で売り切れるので、会員・一般が購入することはできない。

昨シーズンよりマンチェスター・ユナイテッドは、viagogoのシステムを利用して、チケット譲渡サイトを立ち上げた。One United会員であれば、このサイトを通して、シーズン・チケットホルダーの不要になったチケットを購入できる。通常販売で売り切れ、もしくは端の方のブロックにしか残席がない時などに譲渡サイトをチェックすると意外な掘り出し物が見つけられることも。(ただ2枚以上の連番は稀にしか出ないので、根気よくチェックすることが必要)チケットはクラブが責任を持って、宅配便もしくは試合当日にスタジアム受け取りで引き渡してくれるので、安心して利用できる。


海外ホテルならJTB マンチェスターのホテルはこちら→

ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から


ウェストハム-アプトンパーク チケット

ウェストハム  West Ham

ホームスタジアムブリングラウンド(Boleyn Ground)
※通称 アプトンパーク (Upton Park)
住所Green Street
Upton Park
London
E13 9AZ
地図
収容人員35,146

ロンドンのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>
地下鉄ディストリクトライン・Upton Park駅下車、徒歩5分

<チケット>
価格: £34~49(対戦カードにより増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ



チケットは試合日の4~6週間前の火曜日に販売される。まず、会員向け販売が行われ、その2週間後ぐらいに一般販売が始まる。

<メンバーシップ>
ウェストハムのクラブ・メンバーシッププログラムは会員の種別はなく、会費は大人の場合、イギリス国内在住£30、その他海外£35。 アーセナル、チェルシー、マンU、リバプールなど人気クラブとの対戦やシーズン後半の試合は一般販売が設定されないので、これらの試合を観たい場合は会員になる必要がある。

ロンドンの他のクラブ同様、イングランド中・北部の方まで遠征するサポーターはさほど多くないので、人気クラブ以外のアウェイ戦であればチケットが一般販売まで回ってくることがある。

昨シーズンより、紙のチケットの代わってICチップ入りのAccess Cardが導入された。一般販売で購入した分もこのAccess Cardにより入場することになるが、試合日まで1週間を切った時期に購入したものはカードが郵送されてこないケースが多い。この場合は、当日チケットオフィスに確認画面orメールを印刷したものを持参すれば、カードを発行してもらえる。




ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から

海外ホテルならJTB ロンドンのホテルはこちら→


フラム-クレイブンコテージ チケット

フラム  Fulham

ホームスタジアムクレイブンコテージスタジアム(Craven Cottage Stadium)
住所Stevenage Road
London
SW6 6HH
地図
収容人員22,000

ロンドンのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>

<チケット>
価格: £30~45(対戦カードにより増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ

20060810001240.jpg

8・9月、10・11月というように2ヶ月ごとにまとめて販売される。よって発売日は試合日の1~2ヶ月前と幅があるので、公式サイトをこまめにチェックすることが必要。1週目にシーズンチケットフォルダーの観戦意思確認を行った後、2週目の月曜より会員向けに販売開始。残席がある場合、3週目の月曜に一般販売が始まる。但し、『Grade A』に指定されている試合の一般販売は、購入できる人が『Cottage Stadium Cards』の所有に限られ、販売方法もチケットオフィスに限定される。

<メンバーシップ>
フラムのクラブ・メンバーシッププログラムは会員の種別はなく、会費は大人の場合、イギリス国内在住で28ポンド、その他海外35ポンド。

『Grade B』に指定されている試合は、殆どが一般販売までいくので、メンバーシップに入会するメリットはあまりない。しかし、ロンドンダービーや人気チームとの対戦は『Grade A』の試合に指定され、システム上、イギリス国外に住む人が一般販売で購入することは不可能になっている。よって、これらのカード目当ての場合は会員になる必要がある。

『Grade A』に分類されている試合の一般販売はに氏名・住所等を事前に登録して『Cottage Stadium Cards』という会員証を受け取っている人のみに販売される。『Stadium Cards』は無料で、公式サイトから申し込むことができるが、現在イギリス国外からの申し込みは受け付けていない。

他のロンドンのクラブ以上に、イングランド中・北部の方まで遠征するサポーターが少ないので、会員であればマンU・リバプール相手のアウェイ戦であってもればチケットが取れる可能性が高い。




ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から

海外ホテルならJTB ロンドンのホテルはこちら→


トッテナム-ホワイトハートレーン チケット

トッテナム  Tottenham

ホームスタジアムホワイト・ハート・レーン・スタジアム(White Hart Lane Stadium)
住所748 High Road
Tottenham
London
N17 0AP
地図
収容人員36,200

ロンドンのホテル クチコミ情報をチェック

<アクセス>
Liverpool Street駅からNational Railに乗り、White Hart Lane駅下車。駅より徒歩5分

<チケット>
価格: £27~42(対戦カードにより増額あり)

公式サイトのチケット情報ページ



リーグ戦は試合日の5~8週間前の月曜に販売開始(発売日は公式の『On-Sale Dates』参照)。1週めはクラブ・メンバーシップ『One Hotspur』会員向けで1会員あたり1枚、翌週の水曜から1会員あたり2枚の購入が可能になる。一般販売は、2週目の木曜から行われる。

カップ戦についてはその都度販売スケジュールが発表される。

<メンバーシップ>
トッテナムのクラブ・メンバーシッププログラム『One Hotspur』は4段階の種別があるが、初めて入会する場合は、『One Hotspur Lilywhite』、『One Hotspur Bronze』の2種のみ。前者は通常のファンクラブ会員で、後者はシーズンチケットのウェイティングリストに載る権利が付く。『Lilywhite』の大人年会費はイギリス国内在住者£38、ヨーロッパ圏内£40、その他海外£42。『Bronze』はこれにそれぞれ15ポンドが加算される。

最近の好成績で客足が戻ってきており、一般販売にはかなり少数のチケットしか出てこなくなった。アーセナル、チェルシー、マンU、リバプールなどの人気クラブとの対戦ではクラブ・メンバーシップに入っておくことが必須。

ロンドンの他のクラブ同様、イングランド中・北部の方まで遠征するサポーターはさほど多くないので、人気クラブ以外のアウェイ戦であればチケットが一般販売まで回ってくることがある。




ルックJTB 冬のロンドン行きツアー7万円台から

海外ホテルならJTB ロンドンのホテルはこちら→


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。